Unsplash
Twitter @KyotoTodayでフォロワーさんから教えてもらったり、疑問に思って調べたりした情報をアーカイブ。最近は市民参加によるアート系イベントや手づくり市に興味・関心を持っています。

オープンデータの定義

誰もが入手可能で、自由に利用できるデータセット(データの集まり)のこと。入手後の解析のために、特定のフォーマット(型)を持っています。

Open Dataとは、特定のデータが、一切の著作権、特許などの制御メカニズムの制限なしで、全ての人が望むように利用・再掲載できるような形で入手できるべきであるというアイデアである。

オープンデータを支える哲学は古くから確立されているが、オープンデータという言葉自体は、インターネットやワールドワイドウェブの興隆、特に、data.govのようなオープンデータガバメントイニシアティブによって、近年一般的になってきた。

Wikipedia: オープンデータ

京都に関するオープンデータの事例・課題・疑問点など